クリスチャン・ディオールとは・・

クリスチャン・ディオール(Christian Dior)
1905年1月21日 - 1957年10月24日
フランスの北西部、マンシュ県グランヴィル出身のフランスの最も有力なファッションデザイナー。
フランスを本拠地とする複合企業、LVMHに属する。
現在、ディオールのブティックは、パリ、ミラノ、ローマ、ロンドン、ニューヨーク、ビバリーヒルズ、東京、大阪、香港、上海、ボストン、ホノルル、サンフランシスコの世界の都市中心部にあります。

1905年:クリスチャン・ディオールはノルマンディー、Mancheのグランヴィルで実業家の家庭に生まれます。
1920年〜1925年12月までフランスのパリ政治学院に学ぶ。
外交官になる望みがあったが、ディオールは芸術に強い興味を持っていた。

1928年:小さなアートギャラリーを開く。パブロ・ピカソやマックス・ジャコブなどの絵を置く。
2年でギャラリーを閉鎖。
1930年代に、ディオールはオートクチュールハウスのためにスケッチデザインをはじめる。
1938年:ロバート・ピゲと組み、後にリュシアン・ルロンのファッションハウスのデザイナーとして仕事に加わります。そこで主要なデザイナ−としてディオール以外にピエール・バルマンがいました。

1945年:ディオールは事業を始め、1946年12月にマルセル・ブサック(綿のファブリック王)の援助を得て、クリスチャン・ディオール・オートクチュールのメゾンが設立されます。
翌1947年2月に最初のファッションショーを開催します。

ディオールは戦後のファッションの指針を示し、47年から57年までの11年間、パリのオートクチュール界の頂点に君臨します。
毎シーズン、ラインというテーマに沿って作品を発表しました。
クリスチャン・ディオールの魅力溢れる作品は、贅沢かつ華やかなコレクションで、当時「ニュールック」と名づけられファッション業界に衝撃を与えました。
しかし1957年、52歳の若さで突然の心臓麻痺により急逝してしまいます。
ディオールサイト

posted by クリスチャン・ディオール at 22:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。